ホーム » 学校概要 » 学校長より

学校長より

 西陵高等学校のホームページに、お越し頂きありがとうございます。
 本校は、名古屋市立高等学校唯一の総合学科高校で、本年度学科設置17年目を迎え、創立102周年を迎える伝統ある学校です。
 Study(勉学)・Sport(運動)・Solidarity(連帯)という3S精神を校訓として、「文武両道と自己の確立を目指し、多様な人々と共に生きる健康で友愛の精神にあふれた心豊かな人間の育成を」を目標としています。
 1年次に履修する「産業社会と人間」(ライフデザインⅠと名付けています)を通して、将来の職業などを考えながら、2年次からの6つの系列【アカデミー・健康スポーツ・介護福祉・国際ビジネス・ビジネスマネジメント・情報メディア】を選択します。系列は必ず自分の希望したところに進むことができます。そして、自分に必要な科目を、自分で考えて選択し、資格取得や進路実現のために学びます。このように、主体的に進路選択を実現できるところが総合学科の魅力です。多くの商業検定科目の上位合格者がおり、介護技術コンテストで優秀賞を獲得し東海大会に出場するなど、日頃の学習活動の成果が顕著に表れています。
 さて、令和4年度より、生徒の多様なニーズに対応するため、県内総合学科初の「子ども系列」を設置し、子どもを取り巻く様々な問題を発見し、解決することができる人材の育成を目指します。商業3系列は「経営ビジネス」「国際ビジネス」「情報ビジネス」に一新し、地域に貢献し、主体的にビジネスの諸問題を解決できる人材の育成を目指します。
介護福祉系列は、「ふくし系列」と名称変更し、介護福祉士コースはそのままですが、ヘルパーコースは、今日の介護・福祉の在り方にそって、ケア・サポートコースとします。既存のアカデミー系列、健康スポーツ系列と合わせ、7系列となり充実した進路実現をサポートします。
 また、部活動も盛んで、全国大会40回出場したラグビー部をはじめ、多くの部活動が県大会・東海大会・全国大会に出場しています。
 高校生活で充実した時間を過ごすことができることが、本校の魅力と特色です。

西陵高等学校長 池松宣浩

 

Views

Category Posts

Archive

  • 1,409
  • 3,151,704