ホーム » 系列 » ふくし系列(介護福祉系列) » 「ウイングいちご」についてご講演頂きました(3年生 ケアサポートコース)

「ウイングいちご」についてご講演頂きました(3年生 ケアサポートコース)

3年生ふくし系列ケアサポートコースは、日々「医療・ふくし・介護・地域・児童・人との関わり」について学びを深めています。

5月22日(水)、3年生ふくし系列ケアサポートコース(31名)は中電ウイング株式会社の近藤貴博様にご来校頂き、「ウイングいちご」のお話をして頂きました。「ウイングいちご」は、中電ウイング株式会社様が手掛けている企業いちごです。農業に関する知識や経験を活かし、障がい者雇用の促進に向け、チャレンジド(「前向きに挑戦する人」という意味。障がい者の方をそう呼ばれています)と共に、「ウイングいちご」の栽培をしています。

講義の中で、「チャレンジドが定年まで働き続けることができる環境について」や「地域との連携」、「農業と福祉の連携」、「今後の課題と挑戦」について熱くお話をして頂きました。講義の中で、「どんなことでもまずは”知ること”が重要。様々な人の理解につながり偏見や差別は少なくなる。それが結果としてチャレンジドを含めた企業としての新たな可能性や挑戦する気持ちに気づかせてくれる」などのお話をして頂きました。

また現在中電ウイング株式会社様は、食品ロスに関する取り組みとして、ぷらんぼん様と連携し新たな食品開発に取り組んでいます。西陵高校のケアサポートコースは現在試作中のアイスクリームの試食をさせて頂きました。3種類のアイスクリームを食べ比べ、高校生らしい視点と感想を交えたディスカッションを行いました。

生徒たちは、「特例子会社とは何か、新しい視点を知れた」「チャレンジドの方が長く働き続けることができる環境づくりの大切さに気付くことができた」、「丁寧に育てたいちごが捨てられてしまうのは悲しい、有効活用するためには何ができるか考えていきたい」など新たな学びを得ることができました。

来週は実際に中電ウイング株式会社様に見学に行きます。今回の学びを生かし、さらなる学びにつなげていきます。貴重な経験をさせて頂きありがとうございました。

 

     

         

Views

Category Posts

Archive

  • 1,923
  • 4,492,815